お試しセット


V70テールランプの球切れ

2010年09月01日 21:42

ブレーキを踏むと警告等が点灯。
便利な世の中ですね~

テールランプの球切れです。


交換はテールランプを外すのではなく、
バックドアを開けて、テールランプの後ろ側から交換します。

特に難しい技術がいるわけではないので、
気軽に自分で交換にチャレンジしてもいいと思います。

電球は縦に左右2個ずつ計4個付いていて、
左右共に上側の電球がブレーキを踏んだ時に点灯します。

下側は常時点灯用です。


電球はオートバックスなどに、
2個600円ぐらいで売ってるので、
店員に聞くか適合表を見て買ってください。
スポンサーサイト



V70の修理・メンテナンス費用を安くする方法

2008年11月16日 15:59

トラブル、故障、定期点検などの場合、、
車を購入した販売店に持って行くのが普通ですが、
引越しなど、なんらかの理由で、販売店に行けない場合は、
近くのボルボ取り扱いディーラーに持っていきます。

年式、販売店問わず、ボルボ車なら全国のディーラーが対応してくれます。

また、気になることがある場合はディーラーに電話しましょう。
どんな小さなことでも答えてくれるのが普通なので、
遠慮せず電話しましょう笑


ここで、そんなディーラーのデメリットを説明します。
保険を使わず、実費で修理する場合、修理代が高いのです。

実は、修理は全部ディーラーでやるわけではなく、
ディーラーから様々な業者に外注しているので、
人件費、工賃が2重、3重に掛かり、
ユーザーが支払う修理代が高くなってしまうのです。


まあ、中古車販売店などもそうなんですが、
それでもディーラーは、オイル交換一つとってみても、
高いです。

V70トラブル(故障)と、修理

2008年11月16日 15:36

僕自身の愛車が、故障に関わることは、
850時代から、少なかったのですが、
今まで仕事を含め、輸入車に関わってきたので、
トラブルが起きたときの対処法を書きたいと思います。



まず、事故が起きた時の対処です。

無料で車を移動、レッカーで移動させてくれて、
24時間電話で対処してくれる自動車保険に加入することを、
強くお勧めします。

こういったサービスに加入していると、
事故を起こした時にパニックにならなくて済みます。



故障かな?もしくは故障した場合は、
速やかに購入した販売店に持って行きましょう。

「まだ大丈夫だろう」これが1番危険です。
特に輸入車の場合、取り返しのつかないことになりかねますので。


V70はメータの隅っこに、「テイキテンケン」「レイキャクスイナシ」などの、
文字が表示されます。
この文字が表示されたら、速やかに販売店に持って行きましょう。


とにかく、ちょっとでも違和感を感じたら、
自分で判断せずに、販売店と連絡を取ってください。

早めは早めの判断が、輸入車とトラブルなく長く付き合うコツです。